津軽三味線三絃小田島流

 おなじ三味線でも、南西のチントンシャンのやわらかなのびやかなくつろぎの音でなく、弦楽器の極東北の地、厳寒の門付け芸としてそだった津軽三味線は、地吹雪のふきあれる風土に似て、強く激しく共鳴します。津軽三味線、三絃小田島流、三代目小田島徳旺さんをむかえてのコンサートがあります。主催を代表して、山川町の竹繁文章、まさのさんご夫妻をゲストにお話をうかがいます。

 3/27(日)午後2時開演 吉野川市アメニティセンター(吉野川市山川町)
 前売一般¥1500円 問合 080-4037-5819 実行委員会まで

 音楽は、浅野祥「マイフェイバリットシングス」アガツマヒロミツ「時の旅人」竹春「おはら節」。
 
 そして、三味線スタジオライブで、クラプトンを愛するギタリストだった竹繁文章さん。ブルースの心で三味線のヘビメタを激しく演奏していただきます。「秋田荷方節」「津軽新じょんがら節」「津軽あいや節」です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック