黙示録「風の谷のナウシカ」

 火の7日間のあと、世界を放射能(障気)がおおいつくしているナウシカの舞台は、3/11以降の日本のたどる姿を予言していて不気味だ。巨神兵は原子炉をもつ核兵器の象徴で放射能をまきちらす。月の舟は原子力潜水艦の残骸で、大国同士は少ない資源を争奪する戦争状態にある。
 放射能の後遺症におかされながら、ひとびとは風力にたより、ひっそりと風の谷でくらしている。「この子にいい風がふきますように」ユパさまがうまれた赤ちゃんを祝福する。
 風の谷のように、それぞれの地方は、自力で発電する風力や太陽光発電でこれから生き延びていくのだ。

 ゲストは、徳島で国際協力を考える会TICOの吉田益子さんです。
 今回の大震災では、3/18日に4トントラックで仙台の名取市の閖上地区にはいり、仙台市役所にいるときに福島での水素爆発があった。その後10トントラックでの物資搬入、医療支援、水道修理、炊きだし隊、徳島大学学生ら30人によるどろかき活動、聞き取り調査などを行ってきたそうで、長期的な支援活動を継続中です。
 今回は、映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の徳島での上映の紹介です。未来のエネルギーをどうするのか?祝島とスウエーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の物語です。
 
 映画「ミツバチの羽音と地球の回転」鎌仲ひとみ監督 
 6月18日(土)映画上映①10:00~②14:00~③18:30~ 
 
 徳島ホール 088-653-1802 徳島市幸町1-6 
 前売り 一般1000円 当日1300円 監督トーク16:25~
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック