不二とはなにか

 徳島県下の真言宗寺院399ヶ寺の集合団体、徳島県真言宗不二会(しんごんしゅうふにかい)が創立されて100周年をむかえる。このかん戦争があり大震災があった。寺院もまた、一般人と同じく徴兵され戦地におもむき、ドラム缶に入ったオイルと点火剤の焼夷弾を空からまかれた徳島空襲で被災し、焼け野原でむしろとトタン屋根から再起しつつ、戦後は、福祉事業、教育に人材をおくり、地域や行政とささえあって復興してきたのだった。
 
 6/11(土)は、真言宗の開祖弘法大師の誕生をお祝いする青葉祭りの記念事業として、100周年の講演会が開催される。

 場所は、あわぎんホール(徳島市藍場町)、時間は、2時より4時まで。無料。要整理券。もよりの真言宗寺院まで。

 東日本大震災の鎮魂と復興をいのる法要と、東北大学に学び日本を代表する仏教学者で全日本仏教会の会長をつとめ宗教者代表としてダボス会議にも出席された高野山真言宗管長、松長有慶大僧正の講演会『弘法大師の願いと救い』がある。
 
 その紹介に、真言宗不二会会長の藍住町法音寺、松本法雄さんと、事務局長の鳴門宝珠寺、濱川信裕さんをむかえてお話をききます。

 不二(ふに)とは、男と女、胎蔵界と金剛界、華厳と法華、こころとからだ、本質と方便、見るもの見られるもの、仏と衆生、存在と真理、主体と客体、死と命、被災者と非被災者、など対立しているようにみえるがひとつのものであり、それは悟りであり、空のあらわれとする仏教の根本概念です。

 音楽は、ハッピーエンド「夏なんです」YMO「RYDEEN」「風を集めて」「CUE」です。

 オープニングとエンディングは、ユア・ソング・イズ・グッドの「OUR LIFE」。カンノヨウコ「AI戦隊タチコマンズ」。人に行動をおこさせるものが真実だ。道に落ちているお金でなく、這っている昆虫が真実なのだ(養老孟司曖昧引用)。東日本大震災の今、日々の生活をたしかめてみませんか。
 
 音楽ファッション政治経済趣味雑学の、初夏到来。おとなのクールでホットで上質な?会話がたのしいエフエムビザン79.1メガ、土曜日午後8-9時の「3Bの鉛筆」です。サイマルラジオで全世界配信中。http://www.simulradio.jp/ 放送時間に、四国、B-FMびざんの「放送をきく」をクリックしてください。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック