三月のうた

 山本五十六連合艦隊司令長官の真珠湾攻撃から70年になる。アメリカとの開戦は宣戦布告が手間どり奇襲となった。基幹部隊や港湾に打撃を与えて短期で講和にもちこむという山本の日本の国力を冷静に判断したもくろみはくずれることになる。艦隊の修理がはやく港湾が無事だったアメリカは全力で日本にむかいはじめ、精神力を強要する軍の首脳は判断をあやまり、大本営発表に国民はだまされ、獲得した資源は軍がかこいこみ日本の産業や生活にまわさなかったせいで国力はおとろえ、たたかうことなく敗走する泥沼の戦争に突入していった。
 原子力発電を国策として推進した結果フクシマで破綻した過程は、泥沼の戦争の歴史と重なるものがあるようだ。しかもその災厄は、今もこの後も永遠に子々孫々世界中にまでおよんでいくのだ。

「わたしは花を捨てて行く
ものみな芽吹く三月に
わたしは道を捨てて行く
子等のかけだす三月に
わたしは愛だけを抱いて行く
よろこびとおそれとおまえ
おまえの笑う三月に」

 作曲 武満徹 作詞 谷川俊太郎 ヴォーカル おおたか静流

 音楽は、武満徹作曲、ショーロクラブ演奏、おおたか静流ヴォーカル「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」「三月のうた」、ヴォーカル沢智恵「もえる秋」、ヴォーカルおおたか静流、沢智恵、アンサリー「MIYOTA」、ジェリーゴールドスミス「TORA TORA TORA」

 オープニングとエンディングは、ユア・ソング・イズ・グッドの「OUR LIFE」。カンノヨウコ「AI戦隊タチコマンズ」。人に行動をおこさせるものが真実だ。道に落ちているお金でなく、這っている昆虫が真実なのだ(養老孟司曖昧引用)。東日本大震災の今、日々の生活をたしかめてみませんか。
 音楽ファッション政治経済趣味雑学の、節電の夏到来。おとなのクールでホットで上質な?会話がたのしいエフエムビザン79.1メガ、土曜日午後8-9時の「3Bの鉛筆」です。サイマルラジオで全世界配信中。http://www.simulradio.jp/ 放送時間に、四国、B-FMびざんの「放送をきく」をクリックしてください。

番組中、山本五十六大将の出身は、会津との誤発言がありますが、新潟県長岡市です。おわびいたします。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

おしょう
2011年08月20日 15:39
山本長官の出身地のミス、ごめんなさい。妻の実家の本家の近くだったのにふらふら
2011年08月22日 10:07
 山本五十六の母上が会津出身だったのですね。

 以下引用「慶応4年(1868)の戊辰北越戦争で長岡藩随一の勇者といえば、24歳の若き大隊長の山本帯刀(たてわき)である。開戦の榎峠の戦いから常に先陣にあり、 ... 継いだのは高野五十六(後の山本五十六元帥)であった。会津で尊敬する養父を失い、会津藩士の娘を妻にした五十六にとっては、この地は第二のふるさとであろう。」

この記事へのトラックバック