徳マラに、おこしやす

あしたは、徳島マラソン。桜も咲きはじめ、藍色の吉野川と、青空、みどりの山々、徳島の春を深呼吸して、満喫してください。

音楽は、大杉漣、岡本和夫、柳町春雨、間親分「アクロスザリバー」中山由依「みんなあつまれ、トクシィのまち」岡本和夫「徳島拉麺たべたいか」爆風スランプ「ランナー」大杉漣「あるがままに」ボブマーリー「ランニングアウエー」です。

本日 土曜日3/24午後8-9時は、BFM791エフエムラジオの番組「3Bの鉛筆」。おっさんのすこしだけタフな居酒屋ばなしにクールなジャズ。聞いてみて!

写真は、3/17放送分のゲスト、金長さんを守る会の松村さんです。
で、放送は。

阿波踊りが中止になるわけないやん。桟敷席がないほうが本来の祭りじゃ。

徳島市の阿波踊りが4億の赤字で運営の責任をとって観光協会が破産させられるらしい。徳島新聞やその関連会社の責任も問われている。

有料な桟敷席は、県外からの客を案内するときぐらいで、地元民は、新町川の春雨さんや堀尾さんの踊りの輪に入ったり移動途中の連の踊りを楽しむのが、通常だった。

各連の踊り子や鳴り物のかたは、どうかんがえているのかな

ダンサーファースト、ナリモノファースト、踊るアホウに見るアホウファーストで、ことしの阿波踊りを迎えよう。
だった。

徳島県の宿泊者数が最低だそうだ。西の祖谷、西阿波、四国の右下方面の話題にはよく聞くが、だめなのか。お遍路や友人知人はたくさん泊まりにくるので、不思議ではある。

財務省の決裁書類の改ざんや、愛知の中学校での前川元事務次官の講演への文科省からの介入など、国家権力の劣化堕落がはなはだしい。総動員体制をはかる政治家に敗北迎合しているのか。

憲法が、現場での教育や宗教、個人の自由を保障している。恐れることはない。

金長神社は、民のはぐくんできたやわらかな民間信仰である。行政が強制的に地上げし公共地から建物を撤去するのが、行政と宗教の分離だという。市民が皆信じてきたこころのよりどころを、撤去することはお門違いだ。

政治は、それぞれの宗教を尊重し守らねばならないのでは!それが憲法のいうところでないでしょうか。

音楽は、おおたか静流「村祭り」ミルトンナシメント「ベラクルーズ」ザビアクガート「パパラブズマンボ」サボ「エルクンバンチェロ」です。

画像


オープニングとエンディングは、ユア・ソング・イズ・グッドの「OUR LIFE」。中山由依「ビビデバビデブー」。
 
 「人に行動をおこさせるものが真実だ。道に落ちているお金でなく、這っている昆虫が真実なのだ」(養老孟司さん曖昧引用)。東日本大震災以後、日々の生活をたしかめてみませんか。

音楽ファッション政治経済趣味雑学の、話題沸騰する。おとなのクールでホットで上質な?会話がたのしいエフエムビザン79.1メガ、土曜日午後8-9時の「3Bの鉛筆」です。サイマルラジオで全世界配信中。http://www.simulradio.jp/ 放送時間に、エリアは四国、B-FMびざんの「放送をきく」をクリックしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック