テーマ:戦争と平和

史上最悪の歌

 エジプト、リビアの争乱やニュージーランドの地震。人の意志や天変地異によって、たくさんのかけがえのないいのちが、そこなわれている。史上最悪の暗い歌を最近聞いてしまってこころが憂鬱にとりつかれてしまったというのがミッチ。ダミアの「暗い日曜日」というハンガリーで生まれた曲で、フランスでは自殺者が多発したという。それで畑仕事にせいだして回復を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンジスのブディスト

 12/7インドのバラナシのガンジス河の「ガート」(沐浴しながら祈りを捧げるヒンドゥー教の聖地)の礼拝施設で爆弾テロがあり、女児1人が死亡し20数人が負傷したそうだ。日本人は1人が怪我をした。イスラムの過激派が犯行声明をだしたそうだ。ちょうど2週間前にここを訪ねたオショウ2は、せまい路地裏やひとの多さに圧倒され、人生で一度はガンジスの水…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

資本主義の総本山

 9年目の9/11をむかえた。攻撃されたワールドトレードセンターのツインタワーの跡地の近くに、イスラム教徒がモスクを建設しようとしたことが報道され、フロリダ州のキリスト教の教会の牧師が、イスラム教の聖典であるコーランを9/11に焼く、と宣言して、アフガンなどイスラム圏で暴動の恐れがあったり、オバマ大統領がやめるよう説得したり、きな臭い情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和の鐘2010

 立秋となりました。残暑お見舞い申し上げます。広島に原爆が投下された65年目のことしの8/6の平和記念式典に、国連事務総長と原爆投下国のアメリカ大使がはじめて参加し、オバマ大統領も公約するように核兵器廃絶に向けての歩みが、おおきく前進しようとしている。  この日、小松島市でも、平和の鐘をつき、原爆、戦争の犠牲者のかたがたの冥福と平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0708060815平和の鐘

しょうがない、わけはない。 広島長崎の大量虐殺、死者20万を忘れない。 平和の鐘。ことしも小松島市地蔵寺ほか県下大覚寺派77寺院のよびかけにて、祈りとともに鳴らしました。
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ラテン系花見

 沖縄戦で、軍隊は民衆に自決を強制したという文言が教科書から削除されるそうだ。 軍に手榴弾をわたされた、という事実があっても文書による命令がないからだそうだ。城山三郎は、自分で志願して兵隊になったとおもっていた。が、それは時代に強制洗脳されたものでしかなかったという苦い反省を、戦後の作家活動の原点においたそうだ。  電力会社の事故隠し…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

911アンダーカレント

 アメリカ車を買ってみる気はある?とミヤザキ和尚が、いちずなスバリストであるハットリ和尚に問う。ずっと富士重工製のスバル自動車(レオーネとかレガシーとかですね)を購入しつづけているハットリはもちろん買う気はない。大日本帝国のゼロ戦ファンなんだぜ。  ちなみにミヤザキ和尚は古い古いイタリア車とアメリカ車のオーナーである。  ミヤザキは…
トラックバック:19
コメント:2

続きを読むread more

般若心経の常識

 嵯峨天皇が写経したのは、弘法大師のすすめだったといわれる。当時悪疫が流行し争いが頻発し民は疲弊し、天皇家も骨肉のあらそいをつづけていた。そこで天地の中心たる天皇みずからが、こころを清め罪障を懺悔し、般若心経を写経すれば、お経の功徳によって、天下泰平となるだろう。  天皇が写経の筆をおくまでもなく、天は晴れ悪疫は退散し争いはおさまった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

憲法9条を世界遺産に

 戦争はもうしてはならないという日本国民の反省と、原爆をおとしてやりすぎてしまったというアメリカの民主主義の良心ががったいしてできた、奇跡のような輝きの法が、日本国憲法9条だった。あれほど動物や天体や人間がひとしく交流する美しいものがたりをつづった宮沢賢治が、なぜ国柱会という日蓮宗系の戦争を賛美する愛国的政治思想に魅了されていたかの秘密…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

気分はもう戦争

 90式戦車の「弾」というお菓子のおみやげをさしいれしてくれた。富士山のすそ野でおこなわれた自衛隊の実戦訓練に見学にでかけた。ゲストの「なんちゃってライダーのさっちゃん」が、90式戦車の迫力と実弾発射の現場をレポートする。  軍事オタクのミヤザキ和尚が、その日の実弾の経費が2億だった。90式は日本国内で走る場所がない無用の長物な武器だ…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

世界平和・生かせいのち

 8/17午前10時より、「世界平和生かせいのち」祈願法会が小松島市地蔵寺大師堂にて、おこなわれた。真言秘密の護摩をたき、その火を聖火としてランタンに移し、新四国まんだら霊場88ヶ所の社寺を、歩いてつなごうというが今回のこころみだ。  祈願法要の後、歩いてまんだら霊場81番中津峰如意輪寺、82番長谷寺まで、本日は「平和の火」をとどけた…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ゴジラのいない夏

徳島新聞の8月7日の夕刊で、「私のお気に入り」映画編として、映画「ゴジラ」(1954)を紹介したのが、ミヤザキ和尚です。  ゴジラは伝統的な祟り神なのだそうだ。人間の傲慢さにたいして、祟りや言い伝えの知恵でもって行動の慎ましさを古来より説いてきたのだった。  ゴジラが教えてくれた教訓はこうだった。1、科学技術は絶えず自然からのしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和の鐘

 早朝7時半より、「06平和の鐘」の集いが、小松島市地蔵寺であった。20名ほどがあつまり、平和行進実行委員会による戦争中の那賀川近辺での飛行機からの機銃掃射のできごとの紙芝居、詩の朗読などがあり、8時15分読経ののち参加者は鐘をついた。  県下、真言宗大覚寺派77ヶ寺もいっせいに鐘など鳴りものを鳴らして、広島原爆投下の時刻にあわせて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平和の鐘06

 それにつけても、惨状なのは、レバノンのイスラエルとヒズボラだ。兵士2人を拉致した報復に、ロケット、ミサイル攻撃の雨霰状態になって、死者も数百人になっている。国連施設も、意図的に攻撃されたようで、世界の平和の唯一の枠組みも、アメリカイスラエルの攻撃のまとになっているようだ。  その裏には、石油資源の争奪戦があるのだ、という映画「シリア…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

真夏のこころ

 きょうの「3Bの鉛筆」は午後10時からです。サッカーのボルティスの試合が入るそうです。  さて、金曜日に徳島市の夏の夜のストリートカフェが今年も開催された。さだまさし原作の映画「眉山」に松島菜菜子主演が決定したそうで、12000人のエキストラの募集告知もあった。そこで買ってきた、差し入れの「魚谷さんのちじみ」を食する本日のゲスト「ナ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

涙のピッチ上の日本国憲法

 午前4時起床のブラジル戦だった。前半玉田のシュートに興奮したがあきらめと眠気によりしだいに横になり、中田ヒデとともにピッチならぬテーブル下で倒れふしていたのだった。  ともあれ戦いは終わった。きょうの「3Bの鉛筆」のゲスト、徳島大学教授、九条の会徳島事務局の中島信さんは、熱狂的なサッカー報道に冷静な対応を、と疑問符をうつ。ドイツでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーにおける格差社会

 BGMは、ウエスモンゴメリの「バルセロナの風」。きょうの「3Bの鉛筆」は、ここ一週間のおたがいの近況からはなしはじめる。ハットリ和尚は弘法大師誕生日など抹香くさいはなしで口火を切った。しかし、空白の日々があったことにはなしはおよぶ。そうだ。オーストラリア戦のサッカーワールドカップだった。  日本はすべての競技人口をサッカーに投入する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地方における靖国と極東

 6/11靖国問題と極東国際軍事裁判~日本の戦後とは~と題された討論会が、社団法人小松島青年会議所主催でおこなわれた。パネラー8名で1時間半の討論で十分な時間ではなく、意見を一方的に話すにおわった。このような硬派の討論の場所が設定されるのも、プチナショナリズムの時代の風潮に似あったものかもしれない。  参加しての印象は、戦争肯定のまっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

LAN TO IRAQ in TOKUSHIMA

6/10-14に、イラク人作家による現代アート展が、徳島市南佐古一番町4-9カフェ・グリグリギャラリー(http://homepage2.nifty.com/gris-gris/)で行なわれる。開催時間は11:00-20:00の間。場所電話は088-602-1701。主催は、イラクの今を聞く会。NPO法人PEACE ON(http:/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

風雨はげしく戦没者慰霊祭

 きょうは小松島市の戦没者慰霊祭だった。  戦後61年をむかえ、酷寒灼熱の異国の土地にたおれた897柱の兵士の魂を追悼する。  中郷町の忠魂碑のある公園で桜満開のもと例年おこなわれるが、ことしは、小松島競輪のふるさとダービ開催により、4.5日遅れた。赤字財政のおり、市長は挨拶回りで各地を訪問し車券の販売促進にはげんでいるという。さら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さくらさくらさくさくらちるさくら

 「敷島の 大和心を 人問わば 朝日に匂う 山桜花」  山にわけいると、かすむように山桜がさいている。風景にこころを動かされるようになったのも歳かとおもう。しかし先の戦争のとき、こんなうたに特攻の心情をたくし、じぶんを国家にそわしていたのだとすると問題はおおきい。桜をめでてすっきりするのが日本人だということが、何の疑いもなく強制されて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more