テーマ:映画

誰がために、ひゃくやっつ鳴る

地震かみなり火事オヤジは、いま三強一弱だがかわらぬ恐怖だ。熊本、鳥取、糸魚川など今年日本は甚大な災害にみまわれた。世界もまた進歩がない。イギリスのEU離脱、アメリカのトランプ大統領、シリアの壊滅、北方領土の2島返還の後退、など。オバマ大統領の広島訪問、安倍首相の真珠湾慰霊がなぐさめか。 世界は循環し、1年間はくりかえしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋深し、おでかけしましょ

アメリカの原爆実験、マンハッタン計画による最初の被爆者は、ネバダの砂漠に遠足にきていた女子高生だったそうだ。 当時30歳代だった中曽根大勲位、読売新聞の正力松太郎らが音頭をとって、日本に原子力が導入されてきた。ノーベル賞の湯川秀樹博士は、「慎重に」との立場だったが、広島長崎の被爆体験があるにもかかわらず、福島の大事故までは、安全性をう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は、アニマ

阿波高校の総合学習で2時間、大ヒットアニメの「君の名は」について、ユングのアニマ、アニムスとジブリアニメを比較して、熱弁した和尚が、風邪をおしてまた、ジブリファンのユキさんにあつくかたります。 福島原発の事故処理に15兆円以上かかり、それを電力会社ではなく国民に負担させ、それでもまだ原発を動かそうという政府や役人、電力会社の悪魔的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オタクが日本を救う

 政治家や官僚組織は危機に際して会議と議論ばかりで役に立たない。シンゴジラの来襲で首都東京をすくったのは、各部署からあつめられた変人、異端のオタクたちだったじゃないか。オタクと近代文明の相克をうんちくの限りを尽くして語ります。  なんとシン・ゴジラの庵野監督がナウシカの続きを撮る構想があり、その断念からエヴァが生まれた?とか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ、シン・ウナギ

 暑中お見舞い申し上げます。  服部和尚とゲストアシスタントの麻衣子さんとやっているB-FM791のラジオ番組「3Bの鉛筆」は7/30土曜日今夜8時からの放送です。  今回は土用と土曜日の関係、鰻とうどんと梅干しと牛の関係など土用の丑の日をあらゆる角度から研究しています。聞いてね  最後の言い回し、オリジナル・ゴジラの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘利だ、あんまりだ。

 甘利経済産業大臣が、トラヤのヨーカンの菓子箱とともに50万円を建設業者からもらっていて、ふところにそのままナイナイしただとか、秘書に指示してパー券代にしとけ、とかいっておる。  URとの賠償金交渉で口利きをしたという。秘書は10数回もフィリピンパブで接待を受け、1億なんだかのお金をその業者はうけとったらしい。勝手に道路のよこの土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢も希望もない公開処刑

 スマップ、ベッキー、なんだかかわいそうでしたね。テレビで国民注視のなか、公開処刑されているみたいでした。基本的人権もない。夢もない。スターといっても、事務所やプロダクションの奴隷のような状態であることがみえてしまいました。うたっておどって演じて、夢を売る仕事だのにね~  こちらは、夢も希望も無惨もあるリアルなミュージシャンのリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏に会うては仏を殺せ

 学校へいくことが正しいかといえばそうでもない。正常と異常、健康と不健康、常識とおもっていることがじつは非常識だったりする。じぶんのあたまでかんがえてみよう。豊かな社会とは、それぞれのひとにそれぞれの居場所があるということだ。  赤血球はまるいものだが、鎖がまのかたちをしたものがある。それがまちがっているからといって、まるいかたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕らは坊さん。

 北島シネマサンシャインで上映中の映画「僕は坊さん」をお坊さん家族二つで観に行ってきました。面白かったです。若きお坊さんの日常描写として百点満点です。  坊さんとしては友人のH和尚と、高野山の居酒屋とか野球(僕たちのチームにはレッドロータスと命名させてもらいました)とかのシーンでは大笑いさせてもらいました。実は息子が今、高野山で修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼も怒りのデスロード

 弟子の個性がひかりだすまではながい歳月がかかりそれまでは師匠のまねをしてそだっていく。音楽も偉大なミュージシャンのオリジナルをまねすることからはじまる。オマージュとリスペクトであってぬすんでいるのではない。アーチストもまた奇跡の瞬間が突然やってくるまで(そういうひとは数少ないが)、オリジナルと個性をさがして闇夜を彷徨するしかないのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多少の摩擦はあったほうが、、

 ジェームスハントとニキラウダのF1レースでのたたかいをえがいた映画「ラッシュ」がおもしろいそうだ。これはDVDですが。今上映中は、映画「マッドマックス4怒りのデスロード」、マンガ大賞2013を受賞した大人気シリーズ「海街diary」の映画、機動警察実写版「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」。「攻殻機動隊ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護ロボットがほしい

 アニオタ雑感。アニメ・ベイマックス、面白かったです。で、このアニメ、ディズニーの製作にもかかわらず、ディズニーを越えて、僕の大好きな日本やその他のアニメへのオマージュに満ちていて、映画そのものもよかったのですが、そこらへんも感涙物でした。スノーマンの外見や飛行能力、溶けてしぼむところにに、タチコマのナイーブさと戦闘能力を足すとベイマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界に、長寿と繁栄を。

 ことしの2月27日に、スタートレックでミスタースポックを演じていたレナード・ニモイさんが亡くなった。名セリフに「船長、それは非論理的です」「魅惑的だ」バルカン式挨拶「長寿と繁栄を」などがあった。  地球人とバルカン星人のハーフである彼は、はじめ厳格なバルカン人として振る舞い、地球人とのハーフであることや感情を指摘されることを嫌悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャアからみた国際情勢

 今月のアエラの表紙が、赤い彗星シャアが「見せてもらおうか、君の英語力とやらを」とうそぶくものになっている。「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN1青い瞳のスキャバル」が2/28よりイベント上映されるのにちなむものだろう。  そこで今週の「3Bの鉛筆」は、ガンダムオタクこの道30年の和尚1が、昨今の国際紛争を機動戦士ガンダムの歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和尚が2 新春放談

 徳島ご出身の写真家、三好和義さんとおとつい会って聞いたところでは。三好さんは「伊勢神宮 式年遷宮」の写真展をされた。伊勢神宮では,浄闇のなか儀式がとりおこなわれ、五色の宝珠などがまつられていたそうでございます。神道のみならず、宝珠は、真言宗では古来より如意宝珠としてなによりだいじに拝んでおります。  ご神体のアマテラスオオミカミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10万年後の安全

 だれにも10万年後の安全は保証できません。小泉元総理が、この夏ここを視察して「日本ではとてもこんなものをつくれない」「最終処分場のあてもないのに、これ以上放射生廃棄物をつくるなと」原発即ゼロ派に転向しました。  そのフィンランドの高レベル放射性廃棄物の最終処分場(オンカロ)、放射性廃棄物の埋蔵をめぐって、未来の地球の安全を問いか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

希望の牧場

 この夏、東北の被災地の動物たちの姿をえがいたドキュメント映画「犬と猫と人間と2」の自主上映会が開催されました。上映会を見にきた高知の方が、高知でも自主上映を開催するなど、多数の方が、東北の被災地の現状を動物たちの姿を通して知ることができ、おおきな反響を呼びました。  映画のなかでとりあげられている「希望の牧場」は、放射能被爆した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりは、シネマかシマネ。

 夏バテにより、足がつり、意識もうろう状態で秋田町ですわりこんでいた和尚1が目撃されてからはや2週間、夏のあいだにいためつけられた身体をいたわりましょう。というわけで山陰は島根県のパワースポットめぐりと縁結びの祈願に、出雲大社、日御碕神社など参拝してきた和尚2でございます。  秀作映画がめじろおし、ひんやりした映画館に足を運んで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーロボットとリアルロボット

 スーパーロボットとリアルロボットのちがいについて答えられるだろうか。マジンガーZ、鉄人、パトレーバー、ガンダムなどの違いについての話なのだが。ボルトでしめられてあったり、ふくらはぎがあったり、するらしいちがいなのだそうだが。  この夏映画がすこぶる面白いのがそろったなかで、和尚1が、「風立ちぬ」につづいて、ふたたび涙を禁じ得なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の水の夏

 鳴門をかわきりに徳島が阿波踊り一色にそまる毎日がやってきた。徳島アスティーでも、12日の開幕より早くステージでおどりがみられるぞ。水玉連で5歳からおどっているシンガーソングライターの中山由依さん(写真は、雑誌のインテリア特集で取材された中山さんです)をむかえて、徳島の夏を熱く語ります。「3Bの鉛筆」でございます。  「犬と猫と人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風立ちぬ いざ

 ドキュメンタリ映画『犬と猫と人間と2』の上映を準備するタツミシズカさんにお話を聞き、アシスタントのゴルフとマージャンをこよなく愛するミヤモトマイコさんと、宮崎駿監督の最新作「風立ちぬ」を和尚1は湯気を立てて語り、和尚2は1998年パンターニのドーピング疑惑などが表面化する中おわったばかりのツールドフランスではドーピングは解消されたかな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナチスが月からやってくる

 オバマと大統領選挙をたたかったジョンマケインの副大統領候補だった女性候補サラ・ペイリンがじつはいまのアメリカ大統領となっていて、人気をえるため黒人を月に送る計画をたてるのだが、月のうらがわにはナチスの基地があって地球侵略をくわだてていたという映画「アイアンスカイ」というのが抱腹絶倒の反帝国主義、反原発、反戦のテーマをひそませて面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる喜び

 「疲れ」てのはなんだろうか。この1月からむちゃくちゃつかれてしまっているのに気がつく。仕事の多忙やインフルエンザ、初春の心身不調、忍び寄る老いによるケガや忘却、まちがい、介護からくる疲労だ。本命と思って告白したのに義理チョコのひとりでしかなかったことにきづかされる10代の君もおつかれだね。じぶんのすきなナッツチョコをあげといて、「これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男はつらいよ、ウルトラマン。

 わらったり、おこったり、ないたり、しっとしたり、恋愛したり、失恋したり,人間のこころは大昔から進化していないし、国境を越えても、おなじこころだ。科学は日々進歩し経済は発展し生活はゆたかになるが、こころはかわらない。科学や経済の進歩を人間の進歩ととりちがえたことがおおきなまちがいだ。芸術とは真善美を追求し、デザインは企業と消費に追随する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人生200枚のレコード

 芥川賞作家で剣豪小説にも秀で、麻雀や車、オーディオにも造詣が深かった故五味康祐の名言がある。オショウ1は、深く胸に刻んでいるのだという。それは「音楽のLPレコードの収集は200枚まで」というものだ。人生かけて聞くのであれば珠玉の200枚は十分な量で、それ以上だと聞く時間がない。聞かなくてよい凡庸な音楽を収集するのは時間のむだだというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黙示録「風の谷のナウシカ」

 火の7日間のあと、世界を放射能(障気)がおおいつくしているナウシカの舞台は、3/11以降の日本のたどる姿を予言していて不気味だ。巨神兵は原子炉をもつ核兵器の象徴で放射能をまきちらす。月の舟は原子力潜水艦の残骸で、大国同士は少ない資源を争奪する戦争状態にある。  放射能の後遺症におかされながら、ひとびとは風力にたより、ひっそりと風の谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しやがれプレイバック

 アニメ「フランダースの犬」は、貧しい少年ネロと愛犬パトラッシュのかなしいものがたりだった。愛犬が死んでしまうというところに、日本人の琴線にふれるところがある。人間はことばがあるけど、犬はくるしいとかつらいとかしゃべれないままでかわいそう、ということか。    キリスト教徒であれば、キリストのごとく、貧しく正義をつらぬき、ひとびとの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more